アニメ

メアリと魔女の花はパクリではなく後継!宮崎駿と米林宏昌の違い

7月8日から公開が予定されている『メアリと魔女の花』。

絵がジブリ作品にそっくりですね。

米林宏昌監督?宮崎駿でもないのにジブリのパクリ?という疑惑を感じてしまいました。

しかし、よくよく調べてみると全くそんなことは無い、ということが分かりました。

そのあたりの事情を紹介していきます。

スポンサーリンク

パクリではなく後継!

スタジオジブリは2014年に制作部門が解体され、同じ頃に、宮崎駿監督も長編アニメ制作の引退表明をしています。

制作部門解体というより、実質は大規模なリストラだったそうです。

その中に『メアリと魔女の花』の監督である米林宏昌さんも含まれていたとか。

このリストラはスタジオジブリの将来を考えないものだったようで、もともとスタジオジブリには後継者が育っていないと噂されていましたが、宮崎駿監督の魂を受け継いでいると言われる米林宏昌監督も切ってしまったことで、後継者不在が決定的なものとなりました。

今までジブリ映画の制作に関わってきたスタッフも軒並みカットされて、後日米林監督が自身の映画を制作された一環でジブリを訪れた際にがらんどうとなったジブリスタジオを見て、分かってはいたが呆然となったといいます。

そもそも米林宏昌監督はスタジオジブリ在籍時は原画を担当されていました。

『崖の上のポニョ』や『風立ちぬ』でも魅力的なシーンに携わっていて、宮崎駿監督や高畑勲監督の思い描いた絵コンテを再現できる存在として評価されていたといいます。

絵コンテはそれを描き切れるアニメーターがいないとボツになってしまうこともあるため、それを表現してくれる存在だったと。

そして今回の『メアリと魔女の花』については宮崎駿監督や高畑勲監督、鈴木敏夫プロデューサーからも「覚悟を持ってやれ」と激励されています。

一監督として認められているということでしょう。

宮崎駿監督は、『メアリと魔女の花』でプロデューサーを務める元ジブリの西村義明さんから、「何カットか描いてもらえませんか」と依頼されたそうですが、「作品を傷つけることになる」としてアドバイスや映画を完成させるためのノウハウを教えるまでにとどめた、というエピソードもあります。

スポンサーリンク

宮崎駿と米林宏昌の違い

これについては西村プロデューサーは、自分達にしかできない作品づくりがあるとのこと。

米林監督は今、9歳の子供がいると。西村プロデューサーも同じくらいの年の子供と、もう一人下の子がいる。そういった環境の中で作品に込めたい思いがあるため、それに向かって作品を作る。子どもたちに贈りたいものがある。ということです。

宮崎駿監督は晩年に生と死をテーマにしてきたが、自分たちにそういったテーマを扱うにはまだ早いしできない。

逆に今の宮崎駿監督にラピュタやトトロのような作品を作ってくれと行っても無理。

だからそのときの自分にしかできない作品を作ろう、という結論に至ったそうです。

ジブリとポノックの違い

監督面での違いは先述のような違いがありますが、アニメーションスタジオという単位で見た違いはどういったところがあるのか。

まずスタッフについてはほぼ元ジブリ在籍者となっているとのこと。

米林監督が散り散りになった元ジブリスタッフに頭を下げてアニメーション作りに参加してもらうようお願いしたそうです。

米林監督はなぜここまでやったのか。それはジブリ時代のときに映画一本で世界を変えられるという信念のもとに集った仲間がバラバラになり、そういった作品も作られなくなるのは耐えられない、という気持ちから自身でスタジオを作り、再スタートさせたといいます。

そして、宮崎駿監督の映画を制作していたときは「宮崎監督とジブリの映画を作っている」という呪縛があったといいます。

自由な発想で企画を提案することはできず、悪くいうとスタッフは監督のコマであり、手足でしかなかったようです。そういったところも後継者排出に影響していたのかもしれません。

一方、米林監督のポノックは自由で楽しい環境だと西村プロデューサーは答えています。

スタッフが自由に意見を言える環境だとか。

ジブリというブランドで得られていたメリットも大きいが、それが無い環境で努力していくほうがずっといいということです。ただ、ジブリを超えないといけないというプレッシャーも感じているといいます。

まとめ

監督による違いは、そのときに自分たちが作ることのできる作品づくりに注力すること。人生を生きていく上でそれぞれが感じているテーマを表現すると言えそうです。

スタジオによる違いはスタッフがほぼ同じという条件があるものの、気風が全く違う。

完成する作品にどのように影響するかはなんとも言えない状況ですが、

映画で世界を変えるという信念は変わらず、スタッフがのびのびと制作しているという面から、いい意味で期待を裏切ってくれる作品となりそうです。

米林監督は『思い出のマーニー』でセリフを極力カットした「静」で、登場人物の心理描写を表現したことが評価されたといいます。

そしてそれに「動」が加わることでどんな魅力的な作品ができるのか楽しみだという話をプロデューサーの西村さんが言っていました。

個人的には俳優や女優ではなく、違和感のない声優を使ってほしいと思うところですが、過去作の心理描写の評価からも味わい深い作品になることは間違いないように思われます。

ジブリは利権に支配されているようなイメージがあるので正直今はあまり好きではありません。古い世代のブランドや看板に頼ることなく(絵が同じなので100%頼っていないとはいいきれないでしょうが)新しいステージで、信念のもとに作品を作る姿勢はいいですね。宮崎駿監督が打倒ディズニーを謳ったように、打倒ジブリを達成してもらいたいですね。

関連記事

  1. 進撃の巨人アニメ2期放送局毎の開始日はいつ?原作のどこまで?
  2. けものフレンズのあらすじは?主題歌やグッズは?ネットの声も
  3. けものフレンズ12.1話の内容と新作映像は?たつき監督過去作品も…
  4. アニメジャパン2017のグッズは?出展作品やステージ一覧も!
  5. けものフレンズBD1~6の発売日はいつ?内容や店舗別の特典も
  6. しんざきおにいさんのNHK出演動画を発見!「たすけて」の意味は?…
  7. ボルト(BORUTO)のゴースト事件の犯人は誰?スミレ委員長?目…
  8. 【鬼灯の冷徹】白澤ピアス(耳飾り)の作り方は?過去の子供時代や…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

最新の投稿記事

PAGE TOP