エンタメ

FODプレミアムをテレビの大画面で見る方法は?FirestickTV、AppleTV、AndroidTV、Chromecast、braviaなど

FODを始めとしたビデオオンデマンドサービスの特徴はどこでも好きなときに視聴できること。

つまりスマホやタブレットで見る人が多いです。

しかし小さい画面では物足りなくなって、テレビの大画面で見たい人も多いことでしょう。

そこでFODをテレビで見る方法をまとめました。

結論から言うと、「Fire TV Stick」がおすすめです。

FODをテレビの大画面で見る方法は?

FODはテレビで視聴することもできます。
以下の方法です。

1.Fire TV Stick(←おすすめ
2.Apple TV
3.Android TV
4.有線接続(HDMIケーブル・AVアダプタ)
5.Chromecastのミラーリング
6.スティック型パソコン

1.2.3.の方法は、FODに正式に対応しています。

FODアプリをインストールしてログイン認証すればテレビの大画面で視聴することができます。

1.Fire TV Stick

一番のおすすめはこの「Fire TV Stick」。
FODが正式に対応を認めているアイテムです。

クロームキャストは正式対応しておらず、ミラーリングが使えますが大画面表示がうまくいかない場合もあります。

こちらは正式対応なので、そうした心配もなくなります。

さらに3980円と手頃な値段で入手できるところもポイントです。

使用方法も簡単で、スティックをテレビに差し込み、FODアプリをインストールしてログイン認証すればOK。

現在Amazonで販売されている「Fire TV Stick」は以下の3つです。

Fire TV Stick (TV/AV機器操作なし) Fire TV Stick (TV/AV機器操作あり) Fire TV Stick 4K

Fire TV Stick

新登場 Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン付属

新登場 Fire TV Stick 4K – Alexa対応音声認識リモコン付属
価格 ¥3980 ¥4980 ¥6980
映像 最大1080p 最大1080p 4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+
HDR-10対応 なし なし あり
プロセッサ クアッドコア1.3 GHz クアッドコア1.3 GHz クアッドコア1.7 GHz
ストレージ 8GB 8GB 8GB
Alexa対応リモコン 第1世代(TV/AV機器操作なし) 第2世代(TV/AV機器操作あり) 第2世代(TV/AV機器操作あり)
オーディオ Dolby Audio Dolby Audio Dolby Atmos
Wi-Fi デュアルバンド、デュアルアンテナ 802.11a/b/g/n/ac対応 デュアルバンド、デュアルアンテナ 802.11a/b/g/n/ac対応 デュアルバンド、デュアルアンテナ 802.11a/b/g/n/ac対応

「TV/AV機器操作」の有る無しって何?と思い調べたところ、電源のオンオフや音量調整がリモコンでできるかどうか?ということのようです。

「Amazon Fire TV Stick」に対応するテレビ、サウンドバー、AVアンプの電源のオン/オフや音量調整も、リモコン本体のボタンや音声で操作できる。

FODは今のところ、4Kには対応していないので、4Kモデルは買わなくてもいいという声もありますが、今後対応してくる可能性はあります。

ちなみに「軍艦島」という作品は2015年にFODで4K配信されました。

そこまで高画質を求めなくていいなら値段重視で3980円モデルでいいと思います。

※「stick」のない「Amazon Fire TV」も過去にありましたが現在は販売されていないようです。

2.Apple TV

Apple TVもFODに正式対応していますが、価格が5倍くらい高いです。

通常モデルと4Kモデルがあり、両者の価格差は4000円程度です。

メリットがあるのはやはりAppleユーザーです。

・iTunes、AirPlayなどが使える
・iPhoneやMacに相性がいい

使用方法はこの製品とテレビをHDMIケーブルで繋ぎ、AppストアからFODアプリをインストール。
その後、ログイン認証すれば見れます。

3.Android TV

ソニー 43V型4K液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」 KJ−43X7500F(標準設置無料)

「Android TV」はざっくり言うと、TV用のAndroid OSです。

Android OSをTV向けのユーザーインターフェースにしています。

この「Android TV」が標準搭載されたテレビ(スマートテレビ)ならAndroidアプリがテレビで利用できます。
なので、FODアプリも使えます。

「Android TV」はFOD正式対応です。

使い方はApple TVなどと同様、FODアプリをインストールしてログイン認証すれば視聴できます。

今まではソニーのブラビアシリーズのみでしたが、最近ではシャープのAQUOSシリーズにもAndroid TV搭載モデルが登場しています。

4.有線接続(HDMIケーブル・AVアダプタ)


Amazonベーシック ハイスピード HDMIケーブル – 1.8m (タイプAオス – タイプAオス)

PCをHDMIケーブルでテレビに繋ぎ、表示させる方法です。
FODには正式に対応している方法ではないため、大画面に表示させたときにうまくいかないこともあります。

スマホからテレビに有線接続する場合はAVアダプタが必要になります。

iPhoneの場合はDigital AVアダプタ HDMI変換ケーブル
Androidの場合はMHL変換ケーブルが「別途必要になります。

5.Chromecastのミラーリング

Google Chromecast チャコール

Chromecast自体がFODに非対応なので、ミラーリング機能を使ってテレビに表示させる方法です。

非対応ということでやはり画面表示がうまくいかない場合があるようです。

メリットとしては無線で見れること、
デメリットとしてはノートPCやスマホのバッテリー消費が早くなってしまうことです。

6.スティック型パソコン


mouse パソコン スティックPC MS-NH1-W10 Windows10/2GB/32GB

USBメモリのような形状のパソコンです。USBメモリよりやや大きいです。
中にWindows OSが搭載されており、これをテレビのHDMI端子に差し込めば、パソコンのように利用することができます。

これを利用してFODを視聴することもできます。

ミラーリングではないので、バッテリー消費を気にする必要もないですが、価格がApple TV以上と高めです。

スティック型パソコンを利用するには以下の機器も必要です。

・HDMI端子搭載のテレビや液晶ディスプレイ
・キーボード、マウス
・無線LAN機器

通常のパソコンと比較すると低価格ですが、基本的に低スペックなのでゲームなどをするには難しいようです。

FODにはテレビで見れない作品もある?

これらのツイートのように未対応作品もあるようです。
ただ、ツイートがされているのはちょうどFODがFire TV対応を始めたあたりの時期(2018年7月1日から)です。

なので現在は未対応作品は少なくなっているものと思われます。

まとめ

色々な方法を見てきましたが、やはりおすすめは3980円で導入できるFire TV stickです。

正式対応もしています。

もしこれらのアイテムを既に持っている、ということであれば、準備は整っていることになりますね。

テレビの大画面で見れるなら、FODプレミアムを利用する価値は大きく上がることでしょう。

↓↓ FODプレミアムを試してみたい方はこちらからどうぞ ↓↓

※無料期間(1ヶ月)以内に解約すればお金はかかりません

関連記事

  1. 『鬼平犯科帳スペシャル 兇賊』ドラマフル動画(1話~最終)の…
  2. 暇すぎるニートにおすすめ|配信フル動画を無料視聴する方法(アニメ…
  3. 『ハッピーレストラン~家和萬事成~』韓国ドラマフル動画日本語…
  4. 『モメる門には福きたる』ドラマフル動画(1話~最終)の無料視聴…
  5. 『OUR HOUSE(アワーハウス)』ドラマフル動画(1話~最…
  6. 『ヒーラー~最高の恋人~』韓国ドラマフル動画日本語字幕の無料視…
  7. 『週刊東洋経済』最新号の電子書籍版雑誌を無料で読み放題する方法!…
  8. ジャンバリTVアイドル『SANK』の出演が誰なのか発見!SMAP…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

オススメ記事

VOD

入学式&卒業式の祝辞挨拶特集

子供のクリスマスプレゼント特集

梨&ぶどう狩り特集

自由研究特集

簡単にテーマが見つかる!小中学生の夏休み自由研究特集2018!工作も

父の日特集

 

父の日ギフト2018|お父さんが涙を流して喜ぶプレゼントランキング特集!!

 

PAGE TOP