生活

簡単工具不要!10分でできる?ハイテーブルをこたつにする方法

寒い時期に毎年思う「椅子に座ってこたつに入りたい」という願望。

家にあるものでぱぱっと作ることが可能です。その方法を伝授します。

※こたつユニットの形状などによっては同じ方法では難しい可能性があります。
※良くも悪くも非常に簡易的なつくりなので、あくまでネタや参考程度に御覧ください。

スポンサーリンク

必要なもの

・こたつユニット
・ビニール紐

最低限これだけあればできます。

あると良いもの

・耐熱紐
・アルミシート
・洗濯バサミ

ビニール紐はメーカーによって耐熱温度が違うようです。
そのため熱に強い紐で代用できればベストかと思います。

アルミシートはお察しの通り、断熱に使います。
こたつユニットから出た熱を逃さないための。
下手な掛ふとんより断熱性能は優秀です。

構造と手順

構造はこたつユニットに紐を通して、ハイテーブル天板裏に吊り下げる、という形になっています。

上から見たイメージ図

大まかな流れは

1.こたつユニットを元のテーブルから取り外す
2.吊り下げ用の紐を切る
3.紐をこたつユニットに通す
4.紐をハイテーブル天板上に持ってくる
5.紐を引っ張りこたつユニットを釣り上げる
6.周囲をアルミシートで覆う

こたつユニットを元のテーブルから取り外す

市場に出回っている一般的なこたつテーブル(脚の低い)からこたつユニットを取り外します。

私のこたつは手で回せるネジで留められていただけでした。

吊り下げ用の紐を切る

紐をハイテーブルの高さの4倍程度の長さに切ります。

3.紐をこたつユニットに通す

こたつユニットを固定していたネジ穴に紐を通します。

スポンサーリンク

4.紐をハイテーブル天板上に持ってくる

こたつユニットをハイテーブルの下に置きます。
ちょうど吊り下げたい位置の真下に置きます。

こたつユニットに通した紐をそのままハイテーブルの天板の上へ持っていきます。

5.紐を引っ張りこたつユニットを釣り上げる

天板上に持ってきた紐を引っ張り、こたつユニットを釣り上げます。

ちょうどよい高さに釣り上げたら、天板上で紐を縛ります。

ポイントはこたつユニットと天板の間に多めの隙間を空けることです。こたつユニットの背面も熱を持ちます。

万が一、紐が焼き切れた場合を想定して、こたつユニットの下は緩衝目的のクッションを敷いています。

また紐を天板上で結ぶのは、結んで垂れた紐がユニットに当たることを避ける理由もあります。

6.周囲をアルミシートで覆う

こたつユニットの周囲をぐるっとアルミシートで覆います。もちろん熱を持つユニットとくっつかないように、隙間をいくらか空けます。

釣り上げに利用した紐に洗濯バサミを引っ掛けてその洗濯ばさみでアルミシートを咥えればうまく覆えると思います。

あとはコンセントに繋いでスイッチを入れるだけ。

まとめ

ハイテーブルこたつも製品化されて売られているようですが、なかなかいいお値段です。

ここに書かれていることはネタ程度に留めて、きちんとした製品で安全を買いましょう!

スイッチの消し忘れをよくする人は絶対にやめておきましょう!

ハイテーブルこたつを探している人はサンラメラのテーブルこたつがおすすめです。

セラミックヒーターのユニットが使われていて、足元から部屋全体が暖かくなると言われています。
このユニットを使った暖房器具は雑誌のBAIRAでも紹介されました。

関連記事

  1. 2018年|第64回青少年読書感想文全国コンクール課題図書一覧!…
  2. 【2019】夏休み自由研究にオススメの福岡イベントスポット1…
  3. 雑誌ランニングスタイル(RUNNING style)最新号電子…
  4. 太陽の塔カフェは赤ちゃんや子連れでも大丈夫?子供用のメニューや椅…
  5. 『めろんのテラス』食べ放題期間は?ランチ内容や店休日も聞いてみた…
  6. T-SITE(サイト)湘南行きのシャトルバス乗降場所はどこ?【…
  7. 【2019】夏休み工作で簡単にできる低学年向け貯金箱10選!!牛…
  8. 【女の子向け】2019年夏休み工作フェルト10選!低学年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

PAGE TOP