悩み

皮膚の老化現象の原因やメカニズムは!?シワ&シミの改善やたるみの対策は!?

年齢を重ねると気になるのが皮膚の老化現象。

顔のシワ、シミ、たるみが増えていくと、鏡を見る度に落ち込んでしまいますよね。

中には

「○歳から急に老けた」
「急に老化がドッと来た(泣)」

という人もいます。

かくいう私もそんな苦い思いをした一人。。

体調や生活リズムの乱れで一時的に老けて見えてしまうこともありますが、そうした原因も思い当たらない場合、なかなかショック。。

年齢だからしょうがないものだとは思いつつ、皮膚の老化のメカニズムはどうなっているんだろう?と思うこともあるでしょう。
同じ年齢でもあの人はなんで若いの?と思うときもしばしば…

こうした皮膚の老化は自然現象ではありますが、日頃の日常生活で老化を促進させてしまっている場合もあります。
なので、そのままなにも対策せずにいると、皮膚の老化が加速し、同年代の人より一回り老けて見えてしまうかもしれせん。

加齢以外の老化の原因はなんなのか?

シワやシミ、たるみを改善する方法や老化の対策はどういったものがあるのでしょうか?

そのあたりをまとめてみました。

皮膚の老化の原因とメカニズムは?

皮膚の構造は上の画像のように、表皮と真皮から成っています。
表皮には角質層も含まれます。

老化のメカニズムはこの両方の層がおおきく関わっています。

皮膚の老化の原因は、主に5つあります。

皮膚の老化現象の原因やメカニズムその1 紫外線ダメージ

紫外線が老化を促進することはよく耳にする話ですが、この紫外線には2種類あります。
UV-A(A紫外線)とUV-B(B紫外線)です。

UV-Aは波長が長く、真皮まで到達してしまいます。
ダメージ量はUV-Bより少ないものの、真皮への影響が蓄積していくことで老化を促進していきます。

また窓や雲を通り抜けて来るため、屋内や曇の日でも注意が必要な紫外線です。

真皮まで到達すると、肌の弾力や潤いの源であるコラーゲンやエラスチンを破壊・変性してしまいます。
またコラーゲンを壊す酵素を発生させる原因にもなります。

その結果、老化を進めてしまうわけですね。

一方のUV-Bは波長が短い紫外線です。
UV-Aのように真皮まで届かず、表皮でとどまりますが、ダメージ量が多く、シミの原因であるメラニンを発生させ、皮膚がんの原因にもなります。
こちらも真皮に届かないものの、コラーゲンを壊す酵素が発生してしまい、結果として老化に繋がります。

対策

環境省の紫外線対策指導には次のような対策が書かれています。

  • 日差しが強い時間を避ける
  • 日陰を利用する
  • 日傘や帽子を使う
  • サングラスをかける
  • 日焼け止めを上手く使う
  • 襟や袖のある衣服を着る

米国内科学会によって発行される医学学術雑誌には、日焼け止めクリームの皮膚の老化への効果を実験した結果を発表しています。

20年近く行われたこの研究結果は、

「毎朝日焼け止め剤を塗布するよう心掛ければ、老化進行リスクは24%低下することが示唆された。性別年齢、肌の色にかかわらず一貫して効果が認められた」

とのことでした。

皮膚の老化現象の原因やメカニズムその2 皮膚細胞の酸化

皮膚の酸化とはどういうことでしょうか?
細胞の脂質と活性酸素が結びつくと皮膚が酸化します。

酸化すると、コラーゲンが変性して硬くなり、皮膚の弾力やハリが失われます。
結果として老化を促進してしまいます。

活性酸素は私達が取り入れている酸素が変性することで発生します。
どういう状況で変性するかというと、紫外線やストレス、脂質の多い食事、添加物の多い食品などです。

対策

変性の原因を見てみると、さきほどの紫外線を避ける方法が効果的です。
併せてストレス管理や食生活の管理が大事になってきます。

ストレス管理でよく言われるのは、腹式呼吸(深呼吸)、適度な運動、良質な睡眠などがあります。
マインド面では、自分でわざわざプレッシャーをかけてストレスを増やさない(完璧主義者など)、自分の限界(強みと弱み)を知り相談することも視野に入れる、などもあります。

皮膚の老化現象の原因やメカニズムその3 乾燥によるダメージ

特に女性の場合、20歳以降、肌表面の皮脂分泌量が減ってきます。

減ってしまう原因は女性ホルモンにあるのですが、この皮脂が自分の体で作られることで、潤いを閉じ込めるクリームの役割をしています。

なので、この自然のクリームが不足してくると、皮膚の水分が逃げてしまいます。

老化による乾燥はこれが主な原因です。
(皮膚の菲薄化でも解説しますが、コラーゲンの生成量も併せて少なくなっていきます。)

対策

足りない皮脂は補いましょう。

食生活の見直しと併せて、エイジングケア用品で補う方法がオススメです。

※後述します。

皮膚の老化現象の原因やメカニズムその4 皮膚の菲薄化

菲薄化とは皮膚が薄くなってしまうこと。

こちらも女性ホルモンが大きく関係しています。

女性ホルモンがコラーゲンを生成し、新陳代謝や皮脂の分泌を促進しています。
その働きが衰えることで、コラーゲン生成量も減り、皮膚の厚みが薄くなってしまうのです。

薄くなるとたるみ、皮膚の柔軟性も失われていきます。

そのため、薄くなることでその他の弊害も起こしやすくなります。
皮膚の炎症も発生しやすくなり、肌の抵抗力が弱くなります。
また、バクテリアや感染症、アレルゲン、刺激にも弱くなります。

女性は30代以降、女性ホルモンが減少する傾向にあります。
特に40代以降から急に老けたという人はこの女性ホルモンが減ったことが大きな要因かもしれません。

対策

大豆に含まれているイソフラボンは女性ホルモンと化学構造が似ており、女性ホルモンと同様の働きも期待できるといいます。
そのため、大豆製品を積極的に摂取することが一つの対策です。

他に女性ホルモンを増やす方法は、活性酸素の話でも挙げたストレス管理と同じ方法で増やすことが可能です。
食事、睡眠、運動に加えてドキドキやワクワクの体験をすることも女性ホルモン分泌量増加につながると言われています。

セロトニンの分泌が女性ホルモンの増加にも関係してくるそうです。

皮膚の老化現象の原因やメカニズムその5 糖化


肌の老化の原因の一つだと、比較的最近叫ばれるようになったのが、細胞の糖化です。
タンパク質と糖分が結びついて、老化作用を引き起こすAGEs(エイジス)という物質に変わります。

この物質は分解されにくく、体内に蓄積されていくそうです。
結果として、糖化したタンパク質が肌の材料となり、肌の若々しさが失われていくとのこと。

対策

糖化の対策は加熱方法だと言われています。
油で炒めたり揚げたりせず、煮る料理に替えていく方法です。

高温に接すると糖化が促進されるようです。

AGEsを減らす方法は、野菜から食べる、食後に軽い運動をする、よく噛む、紫外線対策やストレス管理が有効とのことです。

参照:AGEを増やす生活、減らす生活 AGE測定推進協会

また、抗糖化化粧品も販売されています。

▽ポーラのB.A化粧品公式ページはこちらから移動できます▽

ポーラのB.Aベーシックセット

B.A ベーシックセット

結論


以上のように老化の原因とその対策を見てきました。

改めて対策を列挙してみると、

  • 紫外線を防ぐ・避ける
  • 脂質に偏った食事・添加物を避ける
  • 野菜から食べる
  • 良質な睡眠を取る
  • イソフラボンを取る
  • 適度な運動をする
  • ドキドキ・ワクワクで幸せホルモン(セロトニン)を刺激する
  • ストレス管理

紫外線やストレス対策は糖化対策にも繋がっていました。

こうして見てみると、それぞれの対策は相互作用が期待できそうですね。

これらの対策を実践すれば皮膚の老化を遅らせることはできるでしょう。

しかし正直これを全部こなすのは少し大変な気もします。
運動もなかなか時間が取りづらいですし、外に走りに行くのもジムに行くのも、人目がちょっと気になりますよね。

きつくなると私のように3日坊主で終わりがちです。。。

仕事の関係で睡眠時間が確保しづらかったり、料理をじっくり作っている暇も、スーパーでじっくり吟味している余裕もないかもしれません。

従来から言われている健康法では、忙しい現代の女性が仕事も美容も両立するのは難しいのではないでしょうか?(もちろん少しずつでも取り入れたほうがいいですね。)

ではどうすればいいか?

さきほどの皮膚の乾燥で少しご紹介したエイジングケア用品です。

といってもこちらもたくさんの種類があります。

おすすめは「ブライトエイジ」です。

ブライトエイジ始めました♡ ロキソニンの会社が作ったやつ。 お試し使ってみたら、肌が明るくなってふっくらもちもちやわやわを実感♡ 肌の調子がすこぶる良い。 なので購入しちゃった😊 ホワイトニング重視すると保湿たりなくて 保湿重視するとホワイトニングたりなくて エイジング重視するとめちゃくちゃ高くなる💦 その3つの悩みを叶えてくれる優れもの。 #ブライトエイジ #brightage #製薬会社がつくる化粧品 #ロキソニン #第一三共ヘルスケア #美白 #エイジングケア #保湿

acoron.ykさん(@acoron.yk)がシェアした投稿 –


この商品は製薬会社である第一三共ヘルスケアが開発した全方位エイジングケア化粧水です。

第一三共ヘルスケアといえば、ガスター10やロキソニンのCMが有名でしょうか。

薬メーカーのイメージがありますが、「ミノン」などの低刺激性で乾燥敏感肌向けのスキンケア用品も開発しています。

ブライトエイジは「製薬会社だからできること」というキャッチコピーで、そのメーカーの技術を詰め込んだ新商品です。

薬用有効成分「トラネキサム酸」が年齢炎症肌(長い年月で積み重なる肌ダメージ)に働きかけます。
メラニンの生成を抑える役目もあるので、美白効果も期待できます。

効果をまとめると、下記のような内容です。

シミ、ソバカス、たるみ、くすみの改善
うるおい、ハリ、弾力、ツヤ、引き締め、美白

さきほどの「菲薄化」の項目で、皮膚が薄くなることで炎症が起こりやすくなることが分かりました。

「トラネキサム酸」は抗炎症作用があるのです。

病院で処方される薬とは違い「医薬部外品」なので、炎症を治療するわけではありませんが、日常生活で日々蓄積されるレベルのダメージを防ぐ役割は期待できます。

「菲薄化による老化促進を防いでくれる」と言えるでしょう。

また全方位エイジングケアの名の通り、洗顔から化粧水、乳液、日焼け止めまで揃えているので、「糖化」を除く、皮膚の老化の原因に対策ができます。

「製薬会社の技術を集結したこだわりの美容液」ということで、他の美容液が合わなかった乾燥性敏感肌の人も、こちらでは改善が見られる、という口コミもありました。

こちらに口コミも掲載しています。↓

食事、睡眠、運動、ストレス管理と同時並行ならなおいいと思いますが、全てこなすのは無理!という人には、こうしたものでエイジングケア対策をしておくのも一つの方法です。

想像してみてください。

  • 肌がきれいと褒められ、生き生きとしている自分
  • 同年代よりも若いと言われ、嬉しくなる自分
  • 「○歳から急に老けた…」という憂鬱から抜け出し、朝の鏡を見るのが楽しくなる自分
  • 年齢を重ねることが楽しくなる自分

皮膚の老化現象の原因やメカニズム まとめ

皮膚の老化現象の原因やメカニズム、対策や改善方法などを見てきました。

年齢を重ねても皮膚の老化を食い止めることは可能です。

年齢による体の変化(女性ホルモンの減少など)を見極めて、その変化に適した対策を取っていくことが重要です。

ご紹介したブライトエイジは、もし興味があればこちらから販売ページに移動できます↓

関連記事

  1. ジャイアンシチューの感想は?藤子不二雄ミュージアム版は紫です…
  2. 2019年の梨狩り(千葉)の時期はいつ?食べ放題や穴場等オススメ…
  3. 夏休みに子供とお出かけ!!関西の「涼しい」スポットランキング…
  4. 鳥取銀行(とりぎん)年末年始2019-2020の営業日や時間は?…
  5. 【動画】クリンスイ浄水シャワーSK106とSY102の違いは?
  6. 風浪宮初詣2018の混雑時間は?日程や参拝人数は?駐車場や渋滞回…
  7. つどいの丘(佐久市交流ひろば花壇)とこもれびの森健康遊具の写真紹…
  8. 稲城市(東京)の梨狩りおすすめスポット7選!時期や料金は?食べ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

PAGE TOP